VOX ToneLab

ToneLab EX

Sku: TONELABEX

Product Description

販売完了

基本性能を追求しライブ・パフォーマンスに最適化した即戦力マルチ・エフェクター。

12AX7真空管を使って生み出すリアルなアンプ・サウンドが特徴のVOX Valvetronixシリーズ。ToneLab EXはそんなValvetronixシリーズのサウンドを継承しながら、ライブでの使用をメインにまとめあげたVOXマルチ・エフェクターの最新作です。Valvetronixシリーズではおなじみの強力なアンプ・モデルとキャビネット・モデルに加え、音楽のジャンルに応じてアンプ・モデルの代わりに11種のモデルをシミュレートしたスタンド・アローン・ペダル・モデルが、今回新たに挿入可能になりました。キャビネット後段のモジュレーション、リバーブ、ディレイなど空間系のエフェクトも充実し、これ一台でギター・サウンドを完成させることができます。さらに安定したプレイを約束するフル・サイズのVOXエクスプレッション・ペダルを搭載し、6つのストンプ・エフェクトを足下に並べたような使用感が得られるストンプ・ボックス・モードも装備。ToneLab EXはライブを中心に、ギタリストのさまざまな要求に応えるマルチ・エフェクターの完成型です。

 

  • 小型3極真空管12AX7を使用し「本物のチューブ・アンプ・サウンド」を実現するVOX独自のテクノロジーValvetronixによるパワー・アンプ回路を搭載。

  • 往年のビンテージ・アンプや高価なハイエンド・チューブ・アンプ等のサウンドを手軽に呼び出すことができる、高度なモデリング・テクノロジーによるアンプ・モデルを33種搭載。

  • アンプ特有の奥行感や空気感までも付加するスピーカー・キャビネット・モデルを11種内蔵。

  • アンプ・モデルと切り替えて使える、スタンド・アローン・ペダルには多彩な11種の歪み系ペダル・モデルを搭載し、幅広い音楽ジャンルに対応。

  • ハイクオリティな45種のエフェクトを内蔵し、ノイズ・リダクション、エクスプレッション・ペダルを含め最大9種のエフェクト・タイプを同時使用可能。

  • ライン出力の最終段にトータル・イコライザーを装備。PA接続やレコーディングなどにもフレキシブルに対応。

  • アンプ、エフェクトのエディット・セクションは贅沢な完全独立仕様。ダイレクトで視覚的なエディットが可能。

  • 安定したペダル・コントロールが可能で、ライブ・パフォーマンスに威力を発揮するフル・サイズのVOXエクスプレッション・ペダルを装備。

  • アンプ・ヘッドとストンプ・エフェクターをそのまま足下に並べたような、直感的な操作が可能なパネル・レイアウト。

  • 誰もが知っている“あの名曲”のサウンドを再現するソング・プリセットを50種内蔵。

  • 50種のソング・プリセットを含む25バンクx4のプリセット・プログラム、25バンク x4のユーザー・プログラム、計200プログラムをフット・スイッチで簡単に呼び出し可能。

  • 代表的なアンプやライン出力等、様々な出力環境に応じて最適なサウンド補正を素早く切り替えられるアンプ/ライン・スイッチを搭載。

  • ノーマル/ストロボ・モードから選択可能、ステージ上で視認性抜群なLEDによるオート・クロマチック・チューナー搭載。

  • 本体だけで音が確認できるステレオ・スピーカー搭載。(ステレオ・スピーカー・システム特許出願中)

  • CD/MP3プレーヤー等外部音源とのジャム・セッションが可能なAUX IN端子装備。

  • ケーブル1本でコンピュータに接続し、エフェクト出力をレコーディングできるUSBオーディオ・インターフェイス対応。

 

小型3極真空管12AX7を搭載。本物のチューブ・パワーならではの音圧感を実現。 

Valvetronixシリーズ最大の特徴である「真空管を使ったチューブ・サウンド」を継承。チューブの持つ圧倒的なパワーは本物の真空管を使わないと得られない、というこだわりの思想はToneLab EXにも受け継がれています。このVOX独自のパワー・アンプ回路により、ToneLab EXは他メーカーのモデリング製品とは一線を画し、他のマルチ・エフェクターにはない圧倒的な音圧感を実現します。

 

高度なモデリング・テクノロジーによる33種ものアンプ・モデル搭載。

いつの時代もギタリストにインスピレーションを与え、歴史的名演奏の原動力となってきた数々のギター・アンプ群。そんな時代を彩ったビンテージ・アンプや羨望のブティック・アンプ、最新のハイゲイン・アンプ、VOXが提唱する新規アンプ・モデル等、ToneLab EXには実に33種ものアンプ・モデルを搭載しています。アンプの箱鳴り感までもパーフェクトに再現するキャビネット・モデルは11種類内蔵。アンプ・モデルとの組合せも自由に設定でき、計363通りもの組み合わせを実現します。

[アンプ・モデル] CLEAN×3、CALI CLEAN×3、US BLUES×3、US 2×12×3、VOX AC15×3、VOX AC30×3、UK ROCK×3、UK METAL×3、US HIGAIN×3、US METAL×3、BTQ METAL×3

[キャビネット・モデル] TWEED 1×8、TWEED 1×12、TWEED 4×10、BLACK 2×10、BLACK 2×12、VOX AC15、VOX AC30、VOX AD120VTX、UK H30 4×12、UK T75 4×12、US V30 4×12

 

幅広い音楽ジャンルに対応する11種のスタンド・アローン・ペダル・モデルを搭載。

ToneLab EXはオーバードライブ、ディストーション、ファズなどペダル系のエフェクトのうち、世界中で定番とされるものから最新鋭のサウンドまでを網羅した11種のスタンド・アローン・ペダル・モデルを装備しており、真空管の手前のモデリング・アンプの位置にアンプの代わりに配置することができます。これらはGAIN、TREBLE、MIDDLE、BASSコントロール・ツマミで主要なパラメータを細かく設定することもできるので、これによりエフェクトを中心とした、複雑で本格的な音作りが可能になりました。

[エフェクト・モデル] STAND ALONE PEDAL MODEL(11種)=TONE DRIVE、BRIT LEAD、FAT DIST、METAL DIST、ROCK PLANET、TUBE DX、BIG FUZZ、VOX TONE BENDER、OCTA FUZZ、TECHNO FUZZ、CRUSHER

 

バリエーション豊富なエフェクト類を45種用意。

ギター・サウンドを作り込む上でエフェクトの存在も見逃せません。ToneLab EXには11種のスタンド・アローン・ペダル・モデル・エフェクトに加えて、様々なタイプのエフェクトを34種、合計で45種類のエフェクトを用意。VOXのワウ・エフェクトはもちろんのこと、往年のペダル・エフェクトからスタジオ・クオリティのラック・エフェクトまで、ギタリスト羨望のモデリング・エフェクトを多数取り揃えました。すべてのエフェクトとコントロール類は、ツマミによる直感的な操作により、初心者でも簡単にサウンドを作り込むことができます。また、4種類のディレイ、3種類のリバーブは、エフェクト・タイプの選択とミックス量を同時に調節可能なユニークなツマミを採用しました。さらに、常時使用可能なノイズ・リダクションを装備し、ハイゲインのアンプを使用したセッティングでも嫌なノイズとは無縁です。

[エフェクト・モデル] PEDAL1(4種)=COMP、VOX V847 WAH、TONE、ENERGIZER PEDAL2(11種)=VOX 845 WAH、BRN OCTAVE、ACOUSTIC、RING MOD、U-VIBE、CLASSIC+、TUBE OD、BLUE DRIVER、GOLD DRIVE、ORG DIST、GERMANIUM FUZZ MOD/DELAY(11種)=CE CHORUS、MULTI CHORUS、FLANGER、ORG PHASER、TWIN TREM、VIBRATO、G4 ROTARY、SLOW ATTACK、PITCH、FILTRON、TALK MOD DELAY(4種)=ANALOG DELAY、TAPE ECHO、SDD-DELAY、MULTI DELAY REVERB(3種)=SPRING、ROOM、HALL NOISE REDUCTION(1種)

 

50種のソング・プリセットを含むプログラムを200種セットアップ可能。

ToneLab EXでは、アンプ・モデル、キャビネット・モデルの他に、ペダル・エフェクト、モジュレーション/リバーブ/ディレイ系エフェクト類、ノイズ・リダクションを同時に使用可能となり、サウンド・メイクも自由自在。様々なジャンルや奏法に適した即戦力プリセット・プログラムを100種用意しています。プリセット・プログラムのうち、50種のソング・プリセット・プログラムでは誰もが耳にしたことのある、“あの名曲”のサウンドを再現できます。マルチ・エフェクターの操作に不慣れな初心者の方も買ったその日からToneLab EXの多彩なサウンドを楽しむことができます。さらに、ユーザー自身でエディット可能なユーザー・プログラムを100種保存でき、プリセット・プログラムと合わせると合計200種ものプログラムをセットアップ可能となります。

[プログラムの曲名] Aenima、 Alive、 Always on the Run、 Back In Black、 Badge、 Basket Case、 Beat It、 Best Of You、 Black Dog、 Born To Run、 Breathe、 Bullet with Butterfly Wings、 Cocaine、 Creep、 E Pro、 Enter Sandman、 Five Minutes Alone、 For the Love of God、 Free Bird、 Gravity、 Heartbreak Hotel、 Hot For Teacher、 I Ain't Superstitious、 I Feel Fine、 I Wanna、 Jessica、 Know Your Enemy、 Message In A Bottle、 Outshined、 Owner of the Lonely Heart、 Paranoid、 Pride and Joy、 Pride(In the Name of Love)、 Raining Blood、 Rebel Rebel、 Satch Boogie、 Satisfaction、 Show Me the Way、 Smells Like Teen Spirit、 Smoke On The Water、 Song 2、 Sultans of Swing、 Sweet Child O' Mine、 Tie Your Mother Down、 Under The Bridge、 Voodoo Child (slight return)、 Walk This Way、 Waters of Nazareth、 Wonderwall、 You Enjoy Myself

 

フル・サイズのVOXエクスプレッション・ペダルを装備。

ライブ・パフォーマンスで最も重要な見せ場であるワウやボリューム、あるいは様々なエフェクトのパラメータ等のペダルによるリアルタイム・コントロールのために、フル・サイズのエクスプレッション・ペダルを装備。安定したサイズのペダルは、ワンランク上のパフォーマンスを提供します。またToneLab STでも好評のクイック・アサイン機能も搭載。今、エディットしているエフェクトのパラメータ・コントロールを瞬時にペダルに割り当てることが可能なため、思いついたままにエクスプレッション・ペダルのセッティングを変更することができます。

 

アンプ・ヘッドとストンプ・エフェクターをそのまま足下に並べたようなパネル・レイアウト。

ToneLab EXはペダル・スイッチにプログラムのアップ/ダウン、およびそのプログラム内のエフェクト・オン/オフをアサインする、通常のマルチ・エフェクター的な使い方に加え「ストンプ・ボックス・モード」を搭載。ペダル1、ペダル2、33種のアンプ(あるいは11種のペダル)、モジュレーション、ディレイ、リバーブの6つのストンプ・エフェクトを、まるで足下に並べたような設定も選べます。例えばレコーディングなどでToneLab EXからダイレクトに録音する場合は、3番目のセクションを33種類のアンプを使って音作りを行い、ライブステージなどで、直接アンプに接続する場合は、そこを3番目のストンプ・ペダルとして使用しさらにエフェクト効果を重ねることが出来ます。これにより、アンプ自体の歪みはアンプに任せて、コンプ+ワウ+ディストーション+モジュレーション+ディレイ+リバーブという接続や、ワウ+オーバードライブ+ディストーション+.モジュレーション+ディレイ+リバーブなどのようなフレキシブルなエフェクター設定が可能です。もちろん全て単体機並みのクオリティを誇るエフェクト類であり、それらがこの1台で持ち運べる抜群の機動力を発揮します。

 

本体に0.3W+0.3Wの小型ステレオ・スピーカー搭載。 

ギター・アンプやヘッドホンを接続しないでも、本体だけで簡単に音が確認できるように、ToneLabシリーズでは初めて、小型ステレオ・スピーカーを搭載しました。これにより、好みのエフェクター・プログラムを瞬時に探すことができ、非常に便利です。(ステレオ・スピーカー・システム特許出願中)

 

ノーマル/ストロボ・クロマチック・チューナー等サポート機能も充実。

暗いステージ上でも視認性の高いLEDによるノーマル/ストロボ・クロマチック・チューナーを搭載。LEDの個数も従来の機種よりも増やし、より繊細なチューニングが可能です。チューニング・モードはノーマルの他にストロボ・モードも搭載し、流れるLEDの点灯を見ながら楽しくチューニングができます。もちろんミュートやバイパス機能も装備し、ステージ上でのチューニングにもスムーズに対応します。また出力端子には、接続する出力環境に応じて最適な信号を送ることができるアンプ/ライン・スイッチを搭載し、さらにこのスイッチをラインにしたときにはToneLab LEで好評だった最終的な出音のトーンをトータルに調整可能なトータル・イコライザーを使用することが可能で、どんなシチュエーションでもToneLab EXのポテンシャルを最大限に活かすことができます。入力端子としてはCD/MP3プレーヤー等外部音源の入力が可能なAUX IN端子を装備し、お気に入りのバンド・サウンドに合わせてジャム・セッションをすることも可能になります。このように、ToneLab EXはサウンド・メイク以外でも様々な角度からギタリストをサポートします。 

 

USBオーディオ・インターフェイス機能によりコンピュータとの連携も抜群。

ToneLab EXには、ASIO対応USBオーディオ・インターフェイス機能を搭載していますので、コンピュータとの連動もパーフェクトにサポート。DAWソフト等を使えばオーディオ・トラックのレコーディングも簡単に行えます。また、ToneLab EXのプログラムを管理できるライブラリアン・ソフトも用意し、ユーザー間でのデータのやりとりもスムーズに対応します。ToneLab EXは、音楽製作にも使えるツールに仕上がっています。    

ダウンロードはこちら

 


 

Specifications

Product Downloads

Click here

販売完了

アンプ・モデル数

33

キャビネット・モデル数

11

エフェクト・タイプ

44種類

スタンドアローン・ディストーション・タイプ・ペダル・モデル(アンプ・モデルとして使用)

11種類

ペダル・タイプ・エフェクト

4種類(Pedal 1)

ペダル・タイプ・エフェクト

11種類(Pedal 2)

モジュレーション・スタイル・エフェクト

11種類

ディレイ・エフェクト

4種類(タップテンポ・ディレイを含む)

リバーブ・エフェクト

3種類

ノイズ・リダクション

1種類

トータル・イコライザー

1種類(AMP/LINEスイッチがLINE時のみ使用可能)

プログラム数

200(25×4プリセット、25×4ユーザー)

オーディオ入力

INPUT、AUX IN

オーディオ出力

OUTPUT/PHONES(モノ/ステレオ)、LEVELノブ、SPEAKER LEVELノブ、AMP/LINEスイッチ)

USB

USBコネクター(タイプB)

スピーカー

1インチx2

パワー・アンプ出力

約0.6W

チューナー

ピッチ検出レンジA0~E6(27.5Hz~1,318.5Hz)、キャリブレーションA4=438~445Hz

その他

DC12Vコネクター、STANDBYスイッチ

信号処理

A/D、D/A変換24ビット、サンプリング周波数44.1kHz

電源

DC12V

消費電流

700mA

外形寸法

394 (W) x 238 (D) x 72 (H) mm

質量

3.0kg

付属品

ACアダプター(DC12V)

※製品の外観及び仕様は予告なく変更することがあります。
※製品の色調は実際の色と多少異なることがあります。

Specifications and features are subject to change without notice.

VOX ToneLab

Find a Dealer for the ToneLab EX